アースダンボールのメルマガってさ

株式会社アースダンボールのメルマガについて、ああだこうだ、ああでもないこうでもない、それがいいそれがだめ、ここが好きここが嫌いなど、皆さんにお好きなようにコメントして頂くコミュニティです。 いつでもどなたでもお気軽にコメントを書き込んで下さい。 メルマガ編集長も可能な限りリアクション致します(^^)

このブログは、アースダンボールの"メルマガ"について、皆様にお気軽にコメントして頂けるコミュニティです。いつでもどなたでもお気軽にコメントして下さい。

2022年10月号 助けてって言えたなら■アースダンボールメルマガVOL144■

2022-Oct1-1


『助けて欲しいなら素直にそう言えばいいじゃん』


『いや、なかなかそう言える人の方が少ないよ』


『人を攻撃するくらいなら助けてって言った方が楽じゃん』


『そうだけどさ、そうなんだけどさ』


『そうなんだけども?なんだよ?』


『助けてって言える人は人を攻撃なんてしないんだよ』


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


『樹(いつき)、昇進おめでとう、乾杯!』(゜_゜)


『ありがとう、空(そら)、乾杯!』( ・_・)


『普通の居酒屋で悪いけど今日はお祝いさせてくれよ、樹』(゜_゜)


『居酒屋だろうがどこだろうが嬉しいよ、空』( ・_・)


『27歳で課長か。樹、お前ホントすげえよ』(゜_゜)


『いやいや、空だって頑張ってるじゃん』( ・_・)


『同級生として、いや親友として誇らしいよ』(゜_゜)


『ありがとう、空にそういって貰えると嬉しいよ』( ・_・)


『できれば樹と同じ会社で働きたかったな~』(゜_゜)


『俺もだよ、でも空の会社もいい会社じゃん』( ・_・)


『そうだけどさ。そうでもないんだよね』(゜_゜)


『なんだ?どうかしたのか?』( ・_・)


『ああ、うん、最近、ちょっとね』(゜_゜)


『なんだよ、話してみろよ』( ・_・)


『いや、今日は樹の昇進祝いだ。暗い話題はやめとこう』(゜_゜)


『何言ってんだよ。ほら、話してみ』( ・_・)


『まあ・・・実は上司がちょっときついんだ』(゜_゜)


『きつい?どんな風にきついんだ?』( ・_・)


『一言で言うと、攻撃されてる感じ・・・』(゜_゜)


『攻撃?穏やかじゃないな・・・』( ・_・)


『うん、穏やかじゃない。本当に攻撃に感じるんだ』(゜_゜)


『空がそう言うなら大げさじゃないとは思うけど』( ・_・)


『ありがとう、ただ最近それが更に厳しくってな』(゜_゜)


『もう少し具体的に言うとどんな風なんだ?』( ・_・)


『理不尽に攻める、必要以上に怒る、怒鳴る、それから』(゜_゜)


『それから?』( ・_・)


『みんなの前で吊るし上げる・・・とか』(゜_゜)


『なるほど、よくあると言えばよくある感じか』( ・_・)


『俺もさ、それが理性的か感情的かくらいはわかるよ』(゜_゜)


『そうだな、空ならわかるよな、』( ・_・)


『明らかに俺を想って叱ってくれてるんじゃないんだよ』(゜_゜)


『誰にでもそうなのか?空にだけか?』( ・_・)


『その日の機嫌で犠牲者は不特定多数』(゜_゜)


『なるほど、完全に感情むき出しって感じか・・・』( ・_・)


『な、暗いだろ、こんな話やめようぜ』(゜_゜)


『なあ、空・・・怒んないで聞いてくれるか?』( ・_・)


『なんだよ改まって、樹の話なら何でも聞くけど』(゜_゜)


『俺は空の上司の味方じゃない、絶対にない』( ・_・)


『そりゃそうだ。もしそうなら俺はここで泣くぞ』(゜_゜)


『うん、それを前提に聞いてほしいんだ』( ・_・)


『わかった、聞くよ』(゜_゜)


『俺も中間管理職になって少しわかったんだけどな』( ・_・)


『うん』(゜_゜)


『ええと何か、そだ、ちょっとダンボール箱を想像してみ』( ・_・)


『ダンボール箱?』(゜_゜)


『そうそう、ダンボール箱』( ・_・)


『ダンボール箱がどうした?』(゜_゜)


『大きな箱と小さな箱があるとするじゃん』( ・_・)


『うん、』(゜_゜)


『小さい箱の上に大きな箱が乗ってるとするじゃん』( ・_・)


『うん、』(゜_゜)


『それって、どっちが空でどっちが上司?』( ・_・)


『もち、下の小箱が俺で上の大箱が上司だな』(゜_゜)


『だよな。下の小箱は辛いよな。でも・・・』( ・_・)


『でも?』(゜_゜)


『上の大箱も辛いかもしれんのよ』( ・_・)


『はあ?上に乗ってるだけじゃん。苦しいのは下だよ』(゜_゜)


『そうだけどさ、よく見ると上の箱って不安定じゃん』( ・_・)


『不安定?』(゜_゜)


『中間管理職ってそんなにどっしりした場所じゃないんだ』( ・_・)


『上から色々、下からも色々、みたいな感じ?』(゜_゜)


『そう、例えばだけどそんな感じ』( ・_・)


『だったら降りればいいじゃん』(゜_゜)


『そう簡単には降りられないのも不安定要因の一つさ』( ・_・)


『そんなこと言われてもな~・・・』(゜_゜)


『俺、そんな人を見る度に思う事があるんだ』( ・_・)


『うん、どんな?』(゜_゜)


『助けを必要としてる人達なんじゃないかってな』( ・_・)


『助け!?攻撃されてるのは俺だぜ!?』(゜_゜)


『怒って怒鳴ってが自分の本意じゃない場合も多いんだよ』( ・_・)


『自分の本意じゃない?』(゜_゜)


『自分の本意じゃなく人を傷つけるのは耐え難いだろ?』( ・_・)


『だから、逆に助けが必要な立場じゃないかってこと?』(゜_゜)


『すごく粗い言い方だけど、そう』( ・_・)


『助けて欲しいなら素直にそう言えばいいじゃん』(゜_゜)


『いや、なかなかそう言える人の方が少ないよ』( ・_・)


『人を攻撃するくらいなら助けてって言った方が楽じゃん』(゜_゜)


『そうだけどさ、そうなんだけどさ』( ・_・)


『そうなんだけども?なんだよ?』(゜_゜)


『助けてって言える人は人を攻撃なんてしないんだよ』( ・_・)


『言える人は・・・攻撃しない・・・?』(゜_゜)


『言えないから、下の箱を責めるわけさ』( ・_・)


『下の箱って、例えば部下や後輩にか?』(゜_゜)


『お前がこんなに小さいから不安定なんだ、とか』( ・_・)


『お前の責任でもっとこの場所を安定させろ、みたいな?』(゜_゜)


『そう、助けてって言えない人ほど理不尽な事をいうもんだ』( ・_・)


『助けてって言えないから理不尽な事をいう・・・か』(゜_゜)


『俺から見るとそういう人ほど助けを必要としてると思う』( ・_・)


『そういう人ほど・・・助けを・・・』(゜_゜)


『しかもそんな人ほど自分は助けが必要だと認識してない』( ・_・)



『なんか、厄介ですなあ、樹』(゜_゜)


『ああ、厄介なんですよ、空』( ・_・)


『・・・・・・』(゜_゜)


『・・・・・・』( ・_・)



『理不尽と気づかずに他人をコントロールしようとするなんてな』(゜_゜)


『中間管理職ってそういう人も意外と多い気がするよ』( ・_・)


『お前も、そうなのか?樹』(゜_゜)


『ああ、俺もそうかもしれん』( ・_・)


『俺もいつかそういう経験すんのかな』(゜_゜)


『するかもしれんし、しないかもしれん、』( ・_・)


『なあ樹、俺、今一個だけ気づいたわ』(゜_゜)


『んん?』( ・_・)


『ダンボール箱には無理だけど、俺達は行動を選べる』(゜_゜)


『だな、それいいね。じゃあ上司になんか言うのか?』( ・_・)


『わからん、でもちょっと上司への見方が変わった、今』(゜_゜)


『それはいい風にか?』( ・_・)


『わからん、でも悪くはない感じだよ』(゜_゜)


『そりゃよかった』( ・_・)


『ところで樹・・・』(゜_゜)


『んん?』( ・_・)


『なんでダンボール箱で説明したんだ?』(゜_゜)


『んんん~、わかんね!なんか浮かんだ』( ・_・)


『なんだそりゃ、でも想像はしやすかったかな』(゜_゜)


『ならまあいいじゃん、さ、飲もうぜ!』( ・_・)


『おお、じゃあ改めて乾杯!!』(゜_゜)



FIN


━━━━━━━━━━━━━━━


    【編集後記】


一般社員には一般社員の、

管理職には管理職の、

そして経営者や事業主にも、

それぞれの喜びや悲しみや孤独があります。

でも私達は、立場が違う人のそれを、

自分が思うほど理解できていないのかもしれません。

でもわからないまでもわかろうとするだけでも、

互いがより良い関係になる場合も多いと思います。

でもどうすればそうなれるのでしょう?

私はその答えを持っていません。

ただ私達の造るダンボール箱が、

千人に一人、一万人に一人でもそのお役に立てるのなら、

今日もダンボール箱を作って良かったなと思えます。


最後までお読み下さりありがとうございました。

m(__;)m

ライティング兼編集長:メリーゴーランド

2022年9月号-2 ダンボールはミステリーがお好き ~後編~■アースダンボールメルマガVOL143■

2022-Sep2-1.jpg


もうこの世に居ないあいつの更新されないSNS。

そのSNSから突然送られてきた新着投稿の通知。

僕が所属していた大学時代のサークル『ミステリー研究会』、

その仲間だった和紀(カズキ)のSNSからの通知だった。

それは1年前に病気で他界した和紀が生前に設定した予約投稿だった。

和紀はメッセージの中で1箱のダンボールを探せという。

そのありかのヒントが、当時のサークルの部室のロッカー!?

誰よりもミステリーが好きで本の出版の夢まで叶えた和紀。

死んだはずの和紀の突然の投稿で当時の仲間が大学に集結し、

その箱を探してみることに。

しかし部室のロッカーを端から開けたが何も出てこない。


そして最後の一つになったロッカーを開けた・・・


前号の全文はこちらです↓


http://hakoshokunin.livedoor.blog/archives/29707711.html


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************



『ん?お?あ!なんか、なんかある!!』

『ダンボール箱、ダンボール箱だ!』

『写真の和紀が持ってるのと同じくらいのサイズ!』


これが、和紀がここに入れた箱なのか?

本当に和紀が仕掛けたかどうかはわからなかったが、

僕達はすっかりこのミステリーに引き込まれていた。


『じゃあ、開けるぞ・・・』


僕はゆっくりと箱のふたを開いた。


なんだこれ・・・?


色んな資料と、銀行口座の通帳と、あと封筒、手紙だ。

封筒には『ミステリー研究会のみんなへ』と記されていた。

そして裏には『シノノメカズキより』とも記されていた。


『シノノメカズキ・・・和紀のペンネームだ』

『じゃあ、やっぱりこの箱は和紀の・・・』


僕は静かに手紙を開き、みんなの目を一通り見渡した。

みんながそれぞれに、うん、とうなづいた。


『じゃあ、読むぞ・・・』


静まり返る部屋に、

窓から入る校庭のざわめきだけが微かに響いていた。



~ 拝啓、ミステリー研究会のみんなへ ~


本当にここまで来てくれたんだね、ありがとう。

突然こんな事してごめん。驚いたよね。

みんながここに居るって事は、僕はもうこの世に居ないんだね。

本当は自分でしたかったけど他に頼める人が居なくてさ。

これを書いてるのはまだ本の出版日前だから、

本が売れるかどうか見届けられないかもしれないんだ。


ねえ、僕の本、どのくらい売れた?


箱の中に銀行の通帳があるだろ。

僕の個人口座じゃなくてミステリー研究会の口座として作った。

印税は全てその口座に振り込まれるようにしておいた。


印税、どのくらい入ってる?

ショボショボだったら恥ずかしいな。


口座へのアクセス方法も一緒にしまっておく。だから、

このお金をここにある資料の団体に寄付して欲しいんだ。

世界には僕と同じ病気の人を支援する団体がいくつかあるんだ。

その団体に、寄付して欲しいんだ。


お願い、できないだろうか。


僕はもうすぐ入院しなくちゃならない。

本当はもっと早く入院しなくちゃいけなかったんだけど、

本の出版日まで、みんなが開いてくれる祝賀会が終わるまで、

わがまま言って入院日を伸ばしてもらったんだ。

でも勿論、勿論ちゃんと自分でやるつもりだよ。

絶対に治して元気になって退院して、次の本も書いて、

またみんなで集まって、飲んで話して、笑って泣いて、

あ、SNSの予約投稿もちゃんと取り消さないとな・・・

だから、この事は誰にも話さずにいます。

でも、でも万が一の時には、みんなに託させて欲しい。

頼む、お願いします。


ところでさ!

なんかミステリーっぽくなかった?この数日間。

どうせならミステリーっぽい方がいいでしょ?

僕達はミステリー研究会なんだからさ。


え?もしこの箱が無関係の人間に発見されたらって?


それは大丈夫!

幸いこの部屋はほとんど誰も足を踏み入れないし、

こういうもの隠すならダンボールみたいなどこにでもある、

誰もがスルーするようなアイテムがうってつけだ。

なんたって僕は"ダンボール探偵左之助"の作者だからね。

ダンボールの事は誰よりも知ってるよ。

それとSNSに全部の情報を示す事はできないけど、

みんなにしかわからないヒントを示せば問題ないでしょ。

絶対に失敗しないよ。

僕はダンボールの持つ力とみんなを信じてる。

そしてみんなここに来てくれた。結果オーライだ。


では、行ってきます。

この手紙がみんなに読まれない事を願って。

でも一応、仮で言っておく。

さようなら

みんなに会えて幸せでした。

では、逝ってきます。



~~ シノノメカズキ ~~


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


僕が読み終え、ふとみんなを見渡すと、

みんなの頬には涙が伝ってるのに、誰もそれを拭わなかった。

拭うのも忘れるくらい、"和紀の声"に耳を傾けていた。


そして長い沈黙の後、やっと一人が口を開いた。


『あいつ、どんだけミステリーとダンボール好きなんだよ』

『まったくだ、おかげで、ちょっと楽しかったけど』

『あ、お前も?実は俺もちょっとワクワクしちゃっててさ』

『なんだかんだで俺達ってミステリー研究会なのな』


みんなが笑顔になった。

和紀の小説は読み終えた人が不思議な多幸感に包まれる作風。

和紀はこの世を去った後にもそれを体現して見せてくれた。

そして何故こんな作品が書けたのか、少しわかった気がする。

ミステリー小説って、登場人物も読み手も誰かが何かを疑う、

そんなシチュエーションが多い。

でもあいつは、和紀は、ダンボールの持つ力を信じてたんだ。

信じることで謎が解けるんだ。


なあ和紀、僕はお前みたいな小説は書けないけど、

お前が僕達に仕掛けたこの切なさと幸せに満ちたなミステリーを、

ショートストーリーくらいになら、してみようと思うんだ。


FIN

2022-Sep2-1.jpg



(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


    【編集後記】


遺言、とは違うものも多々あると思いますが、

故人の想いを引き継いでいる、守るために頑張ってる、

そんな方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

そしていつか、今度はあなたの想いを引き継ぐために、

その想いを箱にしまう時の為に、

私達は箱を作り続けるんだと思います。


最後までお読み下さりありがとうございました。

m(__;)m

ライティング兼編集長:メリーゴーランド

2022年9月号 ダンボールはミステリーがお好き ~前編~■アースダンボールメルマガVOL142■

2022-Sep1-1.jpg



もし、もうこの世に居ない友人のSNSが、

更新されるはずのないSNSが更新されたら。

僕は今、まさにそれに遭遇している・・・!?

ピロン♪ 和紀さんの新しい投稿をチェックしよう♪

早朝、スマホに届いた通知を寝ぼけながら見ていた。

ん~?、誰の投稿~? カズキ~? カズ、、、!!

和紀の!? 嘘だろ! だって和紀はもう死ん・・・!?

僕は慌てて仲間の一人に電話した。

『おい、見たか!あの投稿』

『見たよ、一体なんだ、これ・・・』


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************

僕は社会人二年目の24歳。

和紀は大学時代のサークル、ミステリー研究会の仲間の一人。

アガサクリスティ、コナンドイル、江戸川乱歩の推しは勿論、

コナンや金田一少年などのコアファンや猛者が集う会で、

オリジナル小説を書いて同人誌発行活動などもしていた。

和紀は高校時代に不運にも天涯孤独になってしまったが、

困窮に負けず猛勉強して大学も授業料免除の特待生枠を獲得し、

大学在学中もバイトに勉強、執筆活動にストイックに取り組んでいた。

和紀にとってこのサークルは、家族のようなものだった。

そしてなんと和紀の小説はメジャー出版社から書籍出版もされた。

タイトルは『ダンボール探偵左之助』。主人公の探偵"左之助"が、

ダンボールという誰でも馴染みある一般的なアイテムを、

物理的、心理的、経済的、時には政治的な切り口で巧みに使い、

数々の難事件や怪事件をダンボールの力で爽快に解決する作品で、

読み終えた後は不思議な多幸感に満たされる独特な作品だった。


和紀は困窮生活の中でダンボールをあらゆる面に取り入れ、

誰よりもダンボールを理解し、ダンボールに精通していた。

そんな和紀が書いた作品が書籍化されたのだから、

サークルの誰もが心の底から和紀を祝った。


しかし記念すべき出版日、サークル仲間での祝賀会の数日後、

和紀は突然入院。

原因不明の難病で治療法も確立されていない病気で、

入院中、お見舞いに行っても会うことはできなかった。

和紀は自分の病気の事を誰にも話さずに隠し通していた。

"せめて俺達には話して欲しかった・・・"

サークルの皆がそう思ったが、和紀の心はもっとずっと深く、

黙っていたのは僕達を思うがゆえの事だった。

そして入院から半年後、和紀は帰らぬ人となった。

それが今から約1年前、僕達が大学を卒業する頃の事だった。

その祝賀会の時にみんなで撮った写真をアップした投稿。

それが和紀の最後の投稿で、以降は更新されていない。

そして今、そのSNSから来た突然の新規投稿の通知。


"手伝って欲しい事があるんだ"


たった一言の投稿だった。


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


通知を受信したその夜、僕は仲間の一人とおち合った。


『よし、まず状況を整理しよう』

『ああ、和紀のSNSはこの1年更新されていなかった』

『そして今日、1年ぶりに投稿が更新された』

『まさか他の誰かが!それとも和紀の幽・・・!』

『落ち着け!違うよ、これは予約投稿だ』

『予約投稿!?じゃあ和紀が生前に投稿設定した?』

『和紀はSNSの企業用ページで活動していたからな』

『なるほど、予約投稿機能は企業用ページしか使えない』

『じゃあ、"手伝って欲しい事"って何だ?』

『そこまでは、今はわからない』

『もしかして・・・』

『もしかして??』

『もしかして、和紀が俺達に仕掛けたミステリー、かなって』

『だとしたら、和紀らしいっちゃ和紀らしいが・・・』


メッセージの意味が解らないまま翌日になった。

悶々と考え込んでいると、和紀から次のメッセージが届いた!


"俺が持ってるダンボール箱のありか、わかる?"


俺が持ってるダンボール箱・・・?

そういえば祝賀会の写真の和紀は箱を1箱持っている。

この箱がどこかにあるってのか?それを探せってのか?

しかし僕は箱のありかに何のあてもなかった。

その後、当時のサークルの他の仲間達も続々と合流し、

みんなでああでもないこうでもないと言い合い、

グループラインもひっちゃかめっちゃかになった。

それでもその日は決定的なありかはわからなかった。

するとその次の日、和紀から3つ目のメッセージが届いた。


"ごめんごめん、何のヒントも無いんじゃ無理だよね。

じゃあヒント・・・

僕達の大事な部屋の、更に奥の部屋の、金属の中"


まるで僕達をどこかで見てるかのようなタイミングと内容だ。


大事な部屋、更に奥、金属・・・??


このヒントに仲間の一人がつぶやいた。


『なあ、これ、俺らの部室じゃね・・・』


大学内にあったミステリー研究会の部室。

そこは僕ら仲間が日々ミステリーを語り合い、活動した場所。

部屋の更に奥には小さな物置部屋があり、段積みのロッカーがあった。

でも物が雑に置かれすぎた部屋で、ロッカーも誰も使ってない。


でも・・・金属、ロッカー・・・?


『よし、久しぶりにみんなで行ってみよう、あの部室に』

僕達は約1年ぶりに大学へ集まる約束をした。

____________


次の週末、数人の仲間が大学校門前に集合した。


『よし、じゃあ、行くぞ・・・』


僕達は事務局で許可を申請し、学内に足を踏み入れた。

1年ぶりの大学校舎の懐かしさと得体の知れない緊張感。

色んな感情が混ざった僕達は静かに黙ったまま歩を進めた。


『あった、ミステリー研究会の部室』

『まだあったんだな。この部室・・・』

『じゃあ、入ろう・・・』


僕は和紀の投稿が届いてからのここ数日の事を思い出していた。

そして僕の足は小刻みに震えていた。みんなはどうなんだろう。

まさか今になってこんなミステリーに僕達が遭遇するなんて。


おい和紀、俺達に一体何をさせようってんだ。


でもなんか、ちょっとワクワクもするかも・・・

お前もそうなのか、どこかで見てるのか、なあ、和紀。


『ああ、なんかこの匂い、懐かしいな~』


部屋の香りと共に僕達の緊張感が少し和らいだ。


『さて、ここで座ってゆっくり話したいけど、先に進もう』


僕達は更に奥の部屋へと通じるドアを開けた。


『うわあ~ここも昔のまんま。うっそうとしてる~』

『ものぐちゃぐちゃだし埃だらけ、ジャングル~』

『今の部員も掃除してね~な。俺達も言えないけど』


物がごちゃごちゃし過ぎてロッカーを開けるのも一苦労だ。

でもこの感じが何とも懐かしくもあった。


『とりあえず物をどかしてロッカーを一個づつ開けるか』

『だな』


僕達は手前のロッカーから1つづつ開けていった。

次、その次、またその次・・・いくつ開けても何も出なかった。


『次で最後だぞ、やっぱここじゃないんじゃね?』

『いや、和紀なら俺達が開ける順番を予想してるはず』

『じゃあ、あえて順番が最後のロッカーに?』

『たぶん、たぶんそう・・・』


僕達は最後のロッカーを開けた・・・


次号へ続く ~To Be Continued~


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


    【編集後記】


亡くなった家族や友人のSNSの最後の投稿を見て、

また故人を思い出す。

そんな経験がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

故人を思い出すタイミングって色々あると思いますが、

それを機に今を生きる人達がまた繋がれるっていうのは、

いい事だなと思いました。

さて、あなたは次号の展開の予想はつきますか?


箱は出てくるのか?

箱の中身は何だったのか?

和紀の伝えたかったメッセージとは?


最後までお読み下さりありがとうございました。

m(__;)m

ライティング兼編集長:メリーゴーランド
最新コメント

プロフィール

アースダンボールメルマガ編集長 メリーゴーランド

日本で最も歴史のあるダンボール箱WEB通販の株式会社アースダンボールでメルマガを編集しております。広告宣伝が苦手なので変わったメルマガしかできません。

  • ライブドアブログ