アースダンボールのメルマガってさ

株式会社アースダンボールのメルマガについて、ああだこうだ、ああでもないこうでもない、それがいいそれがだめ、ここが好きここが嫌いなど、皆さんにお好きなようにコメントして頂くコミュニティです。 いつでもどなたでもお気軽にコメントを書き込んで下さい。 メルマガ編集長も可能な限りリアクション致します(^^)

このブログは、アースダンボールの"メルマガ"について、皆様にお気軽にコメントして頂けるコミュニティです。いつでもどなたでもお気軽にコメントして下さい。

2022年8月号-2 ここ掘れダンダン、幸せ鑑定犬ボブ■アースダンボールメルマガVOL141■

2022-Aug2-1.jpg


シロは『ここ掘れワンワン』とお爺さんに言いました。

お爺さんが掘ってみるとそこには小判がザクザク・・・

そしてお爺さんは"花咲か爺さん"として・・・

『ねえパパ、どうしてシロは宝の場所がわかるの?』

『さあ、なんでかなあ?』

『シロみたいな犬、本当はいないんでしょ?』

『どうかな?パパはシロみたいな犬、知ってるよ』

『ええ!?どんな犬?教えて!』

『パパが子供の頃から飼ってた犬なんだけどね・・・』


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


僕は4歳になる息子の寝かしつけに絵本を読んでいた。

でもあの犬の、ボブの話をこの子が理解できるかな・・・

我が家には今、犬のボビーが居る。ボブはその前に居た犬だ。

ボブが我が家に来たのは僕が10歳の頃。

知人宅で子犬が生まれ、その中の男の子一匹を迎え入れた。

名前を『ボブ』と名付けた。

コロコロしてて愛嬌があって、賢くて家族にも忠実で、

みんなに愛されてボブはスクスクと育った。

そしてボブが来て3年程経った頃、僕はある事に気付いた。


我が家は通販好きで頻繁に配達のダンボール箱が届いた。

ある日、通販で買った6歳年上の姉の洋服が届いた時だった。

姉は『ほらボブ、見て見て』とまだ開封前の箱をボブに見せた。

ボブは箱の匂いをクンクン嗅ぎ、嬉しそうに尻尾を振って吠えた。

『ワン!ワン!ワン!』U^ェ^U

箱を開けて中身を確認した姉もそれを凄く気に入って喜んだ。

『さっすがボブ~!あなたはできるワンちゃんね!』

それを見たボブは益々嬉しそうだった。

別の日、今度は姉の靴が届き、前と同じようにボブに見せた。

しかしボブは尻尾を下げていぶかしげな表情を見せた。

『あれ、ボブ、どうしたの・・・?』

姉が中身を空けると『あれ、なんかイメージと違う・・・』

姉のテンションが微妙に下がり、ボブは心配そうに姉にすり寄った。

『ボブ、慰めてくれるの・・・ありがとう』


その時、僕の頭に妙な考えがひらめいた。

ボブは箱の開封前に"何か"がわかるのかも?


それを父さんや母さんに話したが鼻で笑われた。

そりゃそうだ、まさか花咲か爺さんじゃあるまいし。

そこで僕は以降に届いた箱をボブに"鑑定"させる事にした。

すると・・・

ある時は尻尾をブンブン振って喜び、

ある時は寂しそうに鳴いて伏せったり、

箱の中身を見た後の家族達のテンションと同じ反応を、

ボブは箱の開封前に示していた。100発100中だった。


これはホントのホントか・・・!?


家族はまだ半信半疑だったがそれを決定づける出来事が起きた。

ある家電が届いた時だった。いつものようにボブに箱を見せると、

突然ボブは怒り出し、ギャンギャン吠えて箱に噛みつこうとした。


『ワン!ワン!ワン!ガルルルル~!!』oU`X´Uノ"

『ボブ、落ち着けって、どうしたの!?』


それは今まで見たこともない程の荒ぶった反応だった。

ボブが落ち着いた頃、父が箱を開封して使用してみた。

しかし全然使用できない。使い方が悪い?不良品?

通販サイト記載のお客様相談に電話してもずっと繋がらない。

よもやと思いSNSで検索すると、なんと同じ声がわんさか出てきた。

更に数日後にはホームページが突然の閉鎖。

この会社の倒産がニュースで流れた。そして・・・


『だからこんなの買うなって言ったのよ!』(。-`ω´-)

『ええ!?母さんも賛成したじゃないか!』(# ゚Д゚)

『やめてよ、父さんも母さんもみっともない!』(-""-;)

『うるさい!お前は黙ってろ!』(# ゚Д゚)

『はあああ~!?』(-""-;)


家族は大喧嘩になった。

それを見ていたボブはケージの隅で丸くなってしまった。

僕は喧嘩する家族をしり目にボブの背中をさすってあげた。


"僕がいけないの?"まるでボブはそう言っているようだった。


『ボブのせいじゃないよ、大丈夫だよ。それどころか、

 これで証明されたね、お前の素晴らしい能力がさ』。

僕がそう言うとボブの表情は少し和らいだ。


そして僕はまだ喧嘩を続ける家族に割って入った。

『みんないい加減にしてよ!ボブが落ち込んでるよ!

 そんなことよりこれで証明されたよね、ボブの能力!』

僕がそう言い放つとみんな急に黙り込んだ。


『そ、そうだな、すまん、カッとなって。

 ボブはこうなることを教えてくれてたんだな・・・』


以来、我が家ではどんな通販で届いた箱もボブの鑑定を仰いだ。

あまりにもボブの反応が悪すぎる時は箱を開封しない時さえあった。

ボブの鑑定が的確だったかどうかは実際はわからないけど、

ボブに鑑定してもらう事自体が我が家の幸せの一つの形になった。


箱の中が幸せかどうかを嗅ぎ取れる犬・・・


それはどんなX線検査でも放射線検査でも検知できない、

とっても不思議でファンタジックで愛おしい特技。

でも僕達家族はこの事を一切口外しなかった。

もしマスコミにでも取り上げられて世間に知れようものなら、

どんな悪い輩に狙われるかわかったもんじゃない!

まさに"花咲か爺さんの悪い爺さん"みたいな奴に。

_____________


それから約10年、ボブは家族に鑑定をし続けてくれた。

ただ年のせいか、段々と鑑定をしなくなった。

勿論そんなことはどうでもよく、ボブが居てくれるだけで良かった。

むしろボブに頼り過ぎてた負い目もあり、少し安心もした。

そして、ボブはあまり活発に動かなくもなっていった。

いつしか鑑定は完全にしなくなり、毎日寝てばかりいた。


それから更に3年ほど経ったある日のことだった・・・


ボブ用に通販で買った高齢犬用の餌が届いた時だった。

ここ3年、全く鑑定せず寝てばかりのボブがムクっと起き、

そのダンボール箱に向かって嬉しそうにワンワン吠えた。

『ボブ、どうしたの!?・・・』

箱を開封するとボブは同封されていたあるものに鼻をあてた。


それは保護犬譲渡会のお知らせチラシ


ボブはチラシに載っていた1匹の犬を示して更に強く吠えた。

『ワン!ワン!ワン!!!』U^ェ^U

『ボブ、このワンちゃんが気になるのか!?』(。・ω・。)?

久しぶりに箱に反応したと思ったらこの押しの強さ。

しかも箱の中身にまでこんなに反応するのは初めてだ。


『ボブ、このワンちゃんに会いたいのか?』(。・ω・。)?

『ワン!ワン!ワワン!!!』U^ェ^U


家族みんなが、ボブがそう言っていると確信した。

そして次の週末、家族みんなでその譲渡会に行った。

ボブが示したそのワンちゃんは僕達にとてもなついてくれ、

その子を我が家へ迎え入れることを全員一致で即断した。

___________


まだ若くて元気な男の子に、名をボビーと名付けた。

ボブとボビーはすぐに仲良くなった。

ただ活発なボビーは寝てばかりのボブが少し物足りなさそうだった。

でもくつろぐ時や眠る時はいつもボブに寄り添っていた。

そしてボブは時々、ボビーに何かを教えているようにも見えた。


しかしボビーが来てからわずか三か月後、

ボブはいよいよ動かなくなり、ご飯もほとんど食べなくなった。

誰も口にはしなかったけど、もしかして、と誰もが思っていた。

心なしか普段は活発なボビーも少しおとなしくなった。


やがてボブは寝たきりになり何も食べなくなった。

ボビーは食事とトイレ以外は散歩も行かずにずっとボブのそばに居た。


そんな日が3日間ほど続いたある日・・・


"ピンポーン"とドアホンが鳴った。

その音にボブは寝たまま耳を少しだけ"ピクッ"と動かした。

通販で買ったボビー用のおもちゃの配達ドライバーさんだった。

僕はその箱を玄関で受け取り、リビングに持ってきた。


すると・・・


もう動く力のないボブが起きてヨロヨロと歩いてきた。

僕は静かに膝をおろし、その箱をボブに見せた。


『ほらこれ、ボビーの、弟のおもちゃ、どうだ?』


ボブは少しクンクンし、上がらない尻尾をピクッと動かし、


『ワン』


と小さな声で一鳴きしてそしてそのまま床につっぷして、

再び起き上がることは無かった。


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


僕が話し終えると、息子は少しショボンとしていた。


『ねえパパ、じゃあボビーはボブが連れてきたの?』(*゚ー゚)

『そうだよ』』(´v`)

『ボビーも箱の中がわかるの?』(´v`)

『それはどうかな?お前はボビーのこと好きか?』(´v`)

『うん、好き。それから・・・ボブも好き』(*゚ー゚)

『そうか、ありがとう。ボブも喜ぶよ』(´v`)

『ねえパパ、今日はボビーと寝てもいい?』(*゚ー゚)

『うん、いいよ』(´v`)

『やった~、ボビーおいで!』(゚∀゚)

息子が呼ぶとボビーは息子の布団の隣にだらんと横になった。

『パパ、お休み』(゚∀゚)

『うん、お休み』(´v`)


FIN


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


    【編集後記】


ボブはどうしてボビーを連れてきたのでしょうか?

ボブは自分の寿命を知っていたのでしょうか?

答えはわかりません。

ただ、ボブの能力は特別なものではないのかもしれません。

ある意味、人間も毎日似た能力を使っているのかもしれません。

だって私達は誰かの幸せを願って箱を作るのですから。

この箱を使う誰かの幸せが、見えるんですから。

最後までお読み下さりありがとうございました。

m(__;)m

ライティング兼編集長:メリーゴーランド

2022年8月号 押入れ奥のダンボール パート5■アースダンボールメルマガVOL140■

2022-Aug1-1.jpg


人の心の奥底と同じ場所が実は家にもある。

それが押入れの奥。

そこにあるのは夢か希望か。

それともひっそり隠した思い出か?

このメルマガの意外な人気シリーズ

『押入れ奥のダンボール』

5回目の今回は一体どんな・・・!?


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


『お父さん、今度のダンボール回収日いつ?』

12歳の息子が唐突にそう聞いてきた。

『今度の土曜日だよ。なんかあれば出せよ』

僕がそう言うと息子は『うん』と小さく頷いた。

毎月2回、我家のダンボールを僕がまとめて回収所に出す。

そして次の回収日、息子が1箱のダンボール箱を持って来た。

『お父さん、これお願い』

それだけ言って息子はそそくさと部屋へ戻ってしまった。


あれ?この箱は確か・・・あ、思い出した。

去年の学年末の日、息子は熱を出して学校を休んだ。

その時、息子の荷物一式をダンボールに入れて、

クラスの女の子が持って来てくれた事があった。

その子は息子が好きな女の子だったと後で知った。

だから息子はそのダンボール箱を大事に持ってたらしい。


それと今から二週間くらい前だったか、

息子がその女の子に告白してフラれたっていう噂を聞いた。

小学生の告白は中学生や高校生のそれよりも噂の拡散が早い。

だって親の耳にさえ入ってくるんだから。

で、このダンボール箱を捨てるって事は、

息子なりの心のけじめってことか・・・?


そう思った僕はフラフラと自分の部屋へ向かい、

押入の奥から1箱のダンボール箱を引っ張り出し、

その箱と息子の箱を並べて見つめて、

『はあ~、、』と深いため息を吐いた。


なんでこんな事になっちまったんだ・・・


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


親子っていうのは驚くほど似てしまう事がある。

実は僕の箱も、僕が小学校の学期末日に休んでしまった時、

好きだった女の子が僕の荷物を運んでくれた箱だった。

しかも僕もその子に告白して、フラれた・・・

偶然とは思えない程シチュエーションが同じだが、

僕と息子が決定的に違っていたのは箱の扱いだ。

息子は捨てる事を決め、僕は捨てられなかった。

だから僕のこの箱は今も押入の一番奥で佇んでいる。


当時の僕はフラれた後もその子がずっと好きだった。

思い続けたがゆえに箱を捨てる事ができなかった。

少し月日が経ってその子への気持ちが落ち着き始めた頃、

"これもいい思い出か"という感覚で単に捨てずにいた。


思えばこの時の判断が今に繋がってしまった気がする。


更に月日が経ち、その子への気持ちも無くなった頃、

"そろそろ捨てようか" という気持ちも確かにあったが、

いい思い出なんだからと捨てるのが急に惜しくもなった。


そしてこれが完全にダメだった気がする。


いや、捨てようが捨てまいがそれはどっちでもいいのだ。

ただの"押入の肥やし"にするなら捨てた方がマシだし、

捨てずにいたからといって誰にも迷惑はかけない。

"思い出の保存方法" なんて人それぞれなのだから。

ダメなのは・・・

捨てるも捨てないもハッキリとした理由が無いまま、

相反する気持ちを一つの心に同居させてしまった事だ。

それを放置したままそれと向き合うのを先延ばしした事だ。


捨てようか、いや取って置こう、

捨てたい、いや捨てられない、


面倒になって押入の奥の更に奥に押し込めば押し込むほど、

それは心のど真ん中に居座ろうとズカズカ出てくる。

見て見ぬフリをすればするほどリアルだと思い知らされる。

逃げようとすれば追ってくる・・・

こんな気持ちを持ち続けてしまうくらいなら、

いっそあの時捨ててしまえば良かったのか?

いやいや、誰にも言わない思い出があってもいいよね?

いやいややっぱり・・・なんて事を何度も繰り返す事が、

ダメだっちゅうねん!!ヽ(`Д´#)ノ

____________


そんな時に目の当たりにした息子の決断・・・

これはもう逃げらんねえ。

今ここで向き合うしかねえ。

今日こそ決着をつけてやる!!


さあどうする、俺、落ち着いて考えるんだ。

普通に考えたら今までと同じループの繰り返しだ。

他に、何か他に思考のよりどころは・・・?

その時、以前に読んだ、とある企業のメルマガを思い出した。

確かダンボール会社の、なんだか変なメルマガで、

ダンボール視点でダンボールの心を表現したストーリーだった。

"なんじゃこりゃ?"と思いながらもなんだか記憶に残っている。

まさかあのメルマガのモチーフを自分でやってみようとは・・・

ダンボールの心か。

じゃあもしこのダンボールに心があったら。

僕は箱をじっと見つめて箱の声を聴こうとした。

マジで( ー`дー´)キリッ


すると・・・!?


『あ~やっとその気になったんか~。

 いつまでただ置いとくだけやねん。

 もう何年もいい加減に飽きたわ~。

 どうせならきっちり処分されてリサイクルに出されて

 新たな人生送りたいわ~。あ、箱生やったな』


そう聞こえた気がした。

なぜ関西弁だったのかは不明だがそう聞こえた気がした。


そっか、そうだよな・・・


そして僕は箱の処分を決めた。

今までの決めきれずに悩んだ自分も、

見て見ぬ振りした自分も、逃げてた自分も、

今ここで全部認めて受け入れて、

そして今、箱を捨てることを決めたんだ。

そして僕はこの箱と息子の箱を一緒に紐でくくり、

ダンボール回収品として回収所に出した。


さようなら、僕の淡い思い出・・・

さようなら、昨日までの悩んでた自分・・・

そして息子よ、ありがとう。


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


それから数時間後・・・

息子が息を切らして急にやって来ていきなり叫んだ。

『はあっ、はあっ、はあ、、、

 お父さん、あの箱、もう捨てちゃった!?』(;´Д`)

『ああ、回収所に出した。さっき回収車来たぞ』(*´ー`)

『あああ~!!遅かったかあ~!!』lll(-_-;)lll

『一体どうした?』(*´ー`)

『いや、実はあの子がやっぱりOKしてくれてさ。

 だから捨てるのやめようかと思って』(*´ェ`*)ポッ


『んな、んなんだとおおお~!!(-"-怒)

 (ぐう~、俺の青春を返せ!俺の高尚な決断を返せ~!)

 おら!今すぐ回収車追うぞ!ぐずぐずすんな~!』ヾ(*`Д´*)ノ



FIN


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************

    【編集後記】

あなたの思い出の保管方法はどんな感じですか?

思い出の内容によっても違うかもしれませんね。

そして実際にダンボールに保管してあるという方は、

生きていればどこかでそれと向かう時が、

再び来るかもしれませんね。

その時あなたはどうされるのでしょうか?

そして既に向き合ったあなたは、

どうされたのでしょう?

ちょっぴり、知りたいと思いました。

最後までお読み下さりありがとうございました。

m(__;)m

8月某日 ライティング兼編集長:メリーゴーランド

2022年7月号-2 ラブレターは50年後に渡して -後編-■アースダンボールメルマガVOL139■

2022-Jul2-1.jpg


妻が50年もある秘密を抱えていた事を、

私はつい最近知った。

妻はその秘密の事をどう思っていたんだろうか?

信じるって、どういう気持ちだったのだろうか?


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


~前回までのあらすじ~


私は安城烈(あんじょうれつ)。還暦男だ。

私にはジョニーとタカポンという50年来の親友が居る。

11歳の頃、私達三人は街はずれの空き地に秘密基地を作った。

ある日、私達は各々が好きな3人の女子に全員一緒に告白しようと、

各自が書いたラブレターを基地内のダンボール箱に一時保管した。

しかしその翌日、基地はショッピングモールの建設工事で取り壊され、

箱も箱の中身も、書いたラブレターも廃棄されたてしまっていた。

その後、私はその時ラブレターを渡すはずだった女性と結婚。

それから50年後。ショッピングモール50周年写真展示で、

撤去前の基地とあの箱を持った若い男性作業員の写真を発見する。

私は、今は70歳のその男性に会いに北海道へ飛んだ・・・


前号の全文はこちらです↓

http://hakoshokunin.livedoor.blog/archives/29265392.html


(´o`)п(´o`)п(´o`)п
****************************


北海道では70歳になった写真の人が出迎えてくれた。

50年経ってはいるが、写真の頃の面影がはっきりとあった。


『遠いとこよう来なさった。待ってましたよ、ずっとね』

『待ってた?ずっと?私を?』

『あなたかどうかはわかりませんでしたが、待っていました』

『あの、どういうこと、ですか・・・?』

『この箱を、箱の持ち主が取りに来るのをね』


そう言って老人は1箱のダンボール箱を目の前に出した。

それは紛れもない、私達のあの箱だった!!


『この箱、捨てられたんじゃなかったんですね・・・』

『当時、私はあのモール会社に就職したばかりの新人で、

 モールの新規店舗立ち上げのスタッフでした。

 土地買収も終わり、土地造成前の最終点検の時でした。

 上役に "この箱と中のゴミを捨てておけ" と指示されました』

『あの時、確かに作業員さんも捨てたと言っていました』

『その時は捨てようと思ったんですが・・・

 ふと、これはゴミじゃないのではないかと思えましてね。

 一度持ち帰って箱の中をみる事にしました』

『そうだったんですか・・・それで、中身は?』

『確かにゴミと見紛うものばかりでしたが、

 箱の一番底の方に手紙を一通、見つけました』

『一通?三通ではなく一通だけですか?』

『一通だけでした。他にもあったのですか?』

『ええ、まあ。きっとどこかに落ちてしまったんですね。

 それで、その手紙は・・・?』

『ええ、ちゃんと保管してありますよ』


老人はそう言ってが手紙を差し出してくれた。

それは、私があの時、妻に書いたラブレターだった。


『これはあなたが書いたのですか?すまないと思いましたが、

 封緘が無かったから開けて読ませてもらいました。

 少し荒々しくて不器用な、でも情熱的で優しい、

 とても想いがこもった、いい手紙です・・・』

『はい、私が同級生に書いた物です。いやはやお恥ずかしい』

『ただ、宛名は書いてあったが差出人が書いてなくてね』

『はい、渡す当日に仕上げの署名をしてから渡そうと』

『そういう事でしたか。ただ宛名しか手掛りが無くてね、

 私は宛名の人物を探しました。そして2年くらい経って、

 その手紙を渡しに宛名の女性を尋ねました。

 丁度モールが開業する頃で、女性は中学生でした・・・』

『ええ!?尋ねた?渡した!?

 だって私が妻に告白したのは高校生の頃・・・つまり、

 告白の時は既にあの手紙の存在を妻は知っていた!?』


私は頭がしばらく回らなかった。


『それでその人は、妻はなんて!?』

『妻? ではあなたは宛名の人と結婚したんですね。

 それは良かった、本当に良かった・・・

 あの時、手紙を見たあなたの奥様はこう言っていました。


 "この手紙の宛名は確かに私です。

 珍しい名前ですし同姓同名の人もまずおりません。

 そして手紙を書いた人にも、心当たりがあります。

 ですが書いた人が100%その人とは限りませんし、

 この手紙は、やはり本人から直接受け取りたい"


 そして続けてこうおっしゃいました。


 "この手紙が本当に私に届く運命ならいつか、

 書いた人が貴方の元にこの手紙を取りに来るでしょう。

 そして私は、その人から直接この手紙を受け取りたい。

 受取れると、信じます。そう信じて待ちます。

 それまでこの手紙をお預かりして頂けませんか?"

 
 とね。

 そして今日、あなたはここに来た。

 あなたの奥様が信じた運命は現実になったんです』

____________


私は箱と手紙を受け取って帰路に就いた。

地元に戻り、その足でジョニーとタカポンに報告をした。


『ジョニー、タカポン、これ見ろよ!!』ε=ヾ(*~▽~)ノ

『レツ、これ、これって!!』(@Д@)

『ああ、そうそう!あの箱だよ~!!』(;^ロ^)w

『うわあああ~!!懐かしいい~!!』w(゚ロ゚)w


二人は自分の手紙の消滅が軽くショックだったようだが、

その夜はその箱をつまみに深夜まで一緒に飲み続けた。

話しても話しても話し足りない程の思い出が溢れてきた。

_____________

翌朝、妻とはいつも通りの会話を交わした。


『おはよう』

『おはよう。昨夜は遅かったのね、なんか食べる?』

『うん、食べる』

『じゃあちょっと待っててね』


私は自分のよそよそしさを感じずにいられなかった。

だって妻は・・・あの手紙の事を知っていたんだ。

この50年、どんな気持ちで私と生きてくれたのだろう。

今も私の手から手紙が渡されると信じているのだろうか?

もし渡されなければ、もし"最後まで"渡さなければ、

その時どんな気持ちになるんだろう・・・


『なあ、あのさあ・・・』

『ん?なあに?』

『あ~いや、なんでも~、ない』

『ええ?ヘンな人・・・』


(ああどうしよう!?なんて言って渡せば!?)


私は地団太をしながら、あの老人の話を思い出していた。


(´-`).。oO

『あの、一つお聞きしたいのですが』

『ええ、なんでしょう?』

『どうしてこの箱を捨てなかったのですか?』

『ダンボール箱っていうのは人の心の受け皿、

 みたいなもんなんじゃないでしょうかね。

 触った時にね、気のせいかまだ温かかったんです。

 誰かの心が、まだ入ってる気がしたんですよ』

『人の心の受け皿・・・?』

『この50年ずっと、あの時の温かさのままでした。

 誰かがこの箱を想っていたからじゃ、ないでしょうかね』

(´-`).。oO



FIN

━━━━━━━━━━━━━━━


    【編集後記】


自分の小学校くらいの時の恋や、

今のパートナーとの出会いの頃なんかを

思い出してる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ダンボール箱が人の心の受け皿みたいなものなら、

いつかの貴方の想いや、

貴方を大切にしてくれた人の想いをしまったダンボール箱が、

貴方の近くにあったりしませんか?

少しだけそれを開けてみたくなったり、しませんか・・・?

最後までお読み下さりありがとうございました。

m(__;)m

ライティング兼編集長:メリーゴーランド
最新コメント

プロフィール

アースダンボールメルマガ編集長 メリーゴーランド

日本で最も歴史のあるダンボール箱WEB通販の株式会社アースダンボールでメルマガを編集しております。広告宣伝が苦手なので変わったメルマガしかできません。

  • ライブドアブログ