2022-Dec1-1


(´o`*)『遂に行くのね、日本に』

( ´v `)『うん、行くよ、日本へ』

(´o`*)『その人に会えるといいね』

( ´v `)『うん、絶対会って伝えるんだ』

(´o`*)『10年越しの告白、悔いの残らないようにね』

( ´v `)『うん、その為に色々頑張って来たから』


だってあの人は私の目を、

真っすぐ私を見てこの目を初めて好きと言ってくれた人だから。

私の、オッドアイを。


(´o`)п(´o`*)п(´o`*)п
****************************


(´o`*)『ねえ、旅立ちの前にもう一回だけ聞かせてよ』

( ´v `)『ええ~、もう10回は話してるよ、めんどい~』

(´o`*)『何回でも聞きたいのよ、あんたとその人の出会い』

( ´v `)『しょうがないな~、じゃあもう一回だけね』


私はエミリア、オーストラリア人、二十歳の女子大学生。

私の目はオッドアイ、虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)。

左右の目の色が違う事で猫によくみられる。

人間にも1万人に1人の割合で存在するらしいのだけど、

私はこの目が他人から気味悪がられると思い込んでいた。

小さい頃から父の仕事で世界中を転々としていていたけど、

どこに行ってもいつもうつむき加減で人と関わる事ができなくて、

更にどこの国でも短期滞在の私には、友達が一人も居なかった。

そんな私を一ヶ月だけ滞在した日本で、あの人が変えてくれた。


私が日本に滞在したのは10歳の秋頃の一ヶ月間だった。

来日して学校にも通い始めたけど、いつも通りなじめずにいた。

転校して一週間ほど過ぎた日曜日、私は一人で公園のベンチに座り、

砂場で遊ぶ小さな子達をボーっと眺めていた。

子供達は砂場にダンボール箱を持ち込んでペンで絵を描いたりしていた。

とても楽しそうだった。

すると、その中の一番大きな男の子が私に声をかけてきた。

________

(´-`).。oO


(*゚ー゚)『お前、転校生だよな、エミリアだっけ?』


日本語ができなかった私は自分の名前しか聞き取れなかった。


(*゚ー゚)『、、って、何言ってるかわかんねえか』


私は目を合わせられなくてチラっとだけ彼を見た。

(´・v・`)『(あ、確かこの子、同じクラスの子だ・・・)』

私はうつむいたままボソっと小声で返した。


(´・v・`)『Are you in the same class?(同じクラスの人?)』

(*゚ー゚)『あ、あーゆー、なんだって?俺もわかんねえや』


彼は頭を掻きながら笑った。それから私と自分を交互に指差し、


(*゚ー゚)『お前と俺、同じ学校、クラス、クラス、同じ!!』


"クラス"しか聞き取れなかったけど何となく理解できた。

それから次に、彼は小さな子達と自分を交互に指差し、


(*゚ー゚)『あいつら俺の弟、妹、兄弟、ええとファミリー!!』


今度は"ファミリー"が聞き取れた。


(´・v・`)『Oh, your family,brothers and sisters.(あなたの家族、弟と妹達ね)』

(*゚ー゚)『何て言ってるかわかんねえけど通じたかな、へへ』


彼も嬉しそうに笑ってくれた。


(*゚ー゚)『そうそうファミリー、スパイファミリーじゃねえぞ』

(´・v・`)『What? Did you just say 'spy'?(なに?スパイ?)』

(*゚ー゚)『ああ、わりい、今の無し、ジョーダン、ジョークジョーク』

(´・v・`)("ジョーク?" I'm kidding って事?)私はクスっと笑った。


(´・v・`)『(この人、私の目を気味悪がらない、のかな?)』


彼は一生懸命に私とコミュニケーションしようとしてくれて、

私も自然とそうしようとしていた。嬉しかった。でも、


(´・v・`)『(でもうやっぱり、この人もどうせそのうち私の事・・・)』


そんな気持ちが不意によぎって私はまたうつむいた。

すると彼は"ひるむ"事無く私の隣に座ってこう言った。


(*゚ー゚)『お前のその、め、目さ・・・』

(´・v・`)『(??・・・・??)』

(*゚ー゚)『あ~、ダメだ、絶対伝わんね。目って英語でなんてんだ?』

(´・v・`)『(??・・・・??)』

(*゚ー゚)『ちょっと待ってて』

彼は両掌を斜め下に向けて縦に軽く振るジェスチャーをした。

(´・v・`)『(待ってろ、って事?)』


すると彼は兄弟達が遊んでるダンボール箱と黒ペンを持ってきた。


(*゚ー゚)『これダンボール箱、わかる?』

(´・v・`)『Cardboard box, right?(ダンボール箱でしょ?)』

(*゚ー゚)『か、かーぼーぼー?何それ、まあいいや』


すると彼は箱の蓋に黒ペンで絵を描き始めた。

(´・v・`)『(ピンと立った耳、左右にひげ、動物?猫かしら?)』


(´・v・`)『Cat?(猫?)』

(*゚ー゚)『そうそう!キャットキャット!イエース!!』

(´・v・`)『Is this cat your family too?(この猫もあなたの家族?)』

(*゚ー゚)『ファミリー?イエース!この猫もファミリー!』


(´・v・`)(なんで自分んちの猫の絵なんて描いたのかしら?)


(*゚ー゚)『あ~、黒いペンしかねえな、どうすっか?あ、そうだ!』


彼が何か閃いたっぽい感じだった。

すると彼は絵の猫の右目と青空を交互に指さしてこう言った。


(*゚ー゚)『目の色と空の色、同じ、青、あお!』

(´・v・`)『Blue eyes?(青い目?)』

(*゚ー゚)『イエース、ブルー!青!ブルーね、ぶるー!』

(´・v・`)『So cute, blue-eyed cat(かわいいね、青い目の猫)』


すると今度は猫の左目とこげ茶色の木の葉を交互に指さした。


(*゚ー゚)『こっちの目、これと同じ色、こげ茶、コゲチャ!』

(´・v・`)『Is left eye dark brown?(左目はこげ茶なの?)』


伝わったかどうかはわからなかったけど、

彼は自信ありげにウンウンと頷いていた。きっと伝わったんだ。


(´・v・`)『(猫はオッドアイって事を伝えたかったのね。でもどうして?)』


すると次に彼は猫の目と、私の目を交互に、少し遠慮がちに指さした。


(*゚ー゚)『うちの猫とお前の目、同じ』


間違えなくそう言ってると理解できた。彼は続けた。


(*゚ー゚)『俺、この目が好きなんだ。珍しいし、可愛いし、綺麗だし』


そう言うと少し間を置いてから私の目を見てこう言ったの。


(*゚ー゚)『だからお前の目も、キレイで好きだ』


(´-`).。oO
__________


(´o`*)『その日から他のクラスメイトとも仲良くなれたと』

( ´v `)『ウン♪』

(´o`*)『残りの滞在期間の3週間が本当に楽しかったと』

( ´v `)『ウンウン♪』

(´o`*)『それ以降に訪れた国で世界中にお友達が沢山できたと』

( ´v `)『ウンウンウン♪』

(´o`*)『その時の絵を切って貰って今も大事にお守りにしてると』

( ´v `)『ウンウンウンウン♪』

(´o`*)『その日から一日としてその人を忘れた日はないと』

( ´v `)『ウンウンウンウンウン♪』

(´o`*)『本当に好きなのね、その人の事』

( ´v `)『・・・・・・、ウン』

(´o`*)『あんた話すのめんど~とか言って結局ノリノリね』

( ´v `)『でへへ~なんだかんだでね~』

(´o`*)『ところで一つ聞いていい?』

( ´v `)『なに?』

(´o`*)『日本の子供ってダンボールで遊べるの?』

( ´v `)『私もそこはちょっと不思議だったんだよ』

(´o`*)『オーストラリアってダンボールめっちゃ高いじゃん』

( ´v `)『買うと高いからダメになるまでバンバン使いまわすもんね』

(´o`*)『砂場で子供のおもちゃとか落書きとかんあまり無いもんね』

( ´v `)『うん、だから日本がダンボール流通してる国で良かったよ』

(´o`*)『そうだね、そうじゃなかったら今のあんた無かったかもね』

( ´v `)『だね・・・』

(´o`*)『もう一個いい?猫の絵をその人がちぎってくれたの?』

( ´v `)『私が欲しいって頼んだの』

(´o`*)『どうやって?』

( ´v `)『猫の周りに指で円を書いて2本指でチョキチョキのマネした』

(´o`*)『なるほど~』

( ´v `)『ちゃんと通じて良かったよ』

(´o`*)『ごめん・・・もう一個だけ聞いてもいい?』

( ´v `)『なに?』

(´o`*)『もしもよ、もしもその人に、か、彼女とか居たら?』

( ´v `)『・・・・それでもいいの、それはしょうがないよ』

(´o`*)『でも・・・』

( ´v `)『今の私は君のおかげだよって、それをちゃんと伝えたい』

(´o`*)『・・・本気なのね、好きも、覚悟も』

( ´v `)『うん、今の私に迷いはないよ』

(´o`*)『出発前にあんたの決意を聞けて良かったわ』

( ´v `)『明日、本当に空港まで見送りに来てくれるの?』

(´o`*)『あんたの親友だもん。ちゃんと送り出してあげる』

( ´v `)『ありがとう。じゃあ明日、空港で』

(´o`*)『うん、じゃあ明日。・・・そうだ、ねえ!!』

( ´v `)『ん?なに?』

(´o`*)『私だって大好きなんだよ。あんたのオッドアイ』

( ´v `)『・・・ウン♪・・・』


FIN


(日本に来たエミリアは・・・!?それは編集後記で↓↓)


(´o`)п(´o`*)п(´o`*)п
****************************


    【編集後記】



( ´v `)『久しぶりだね、雷太(らいた)くん』

(`・д・´)『お前、エミリアか・・・なんでここに!?』

( ´v `)『君に会いに来たんだよ』

(`・д・´)『俺に?それと日本語・・・』

( ´v `)『勉強したんだよ。君と沢山お話ししたくて』

(`・д・´)『そっか、偶然だな・・・』

( ´v `)『偶然?』

(`・д・´)『俺も英語勉強した、オーストラリアに行こうと、けど』

( ´v `)『けど?』

(`・д・´)『けどもういいや、用事済んだ、かも』

( ´v `)『済んじゃったの?どんな用事だったの?』

(`・д・´)『お前と、エミリアと同じ、かもしんない』

( ´v `)『そっか・・・じゃあ、答え合わせしよっか』

(`・д・´)『答え合わせ?いいね、やるか』

( ´v `)『ねえ、答え、同じかな』

(`・д・´)『お前は、どう思うんだ?』

( ´v `)『わかんない、けど、同じだったらお願いがある』

(`・д・´)『お願い、なんだ?』

( ´v `)『またあの公園の砂場で、ダンボールで一緒に遊ぼう』

(`・д・´)『そうか、偶然だな。俺も同じ事考えてた』



最後までお読み下さりありがとうございました。

m(__;)m

ライティング兼編集長:メリーゴーランド